商品説明

大学合格のための基礎知識と解法が身につく 技216 数学1・A

内容紹介(出版社より)

【本書の特長】

◆1問にポイント1つで,学びやすく
実際の入試問題の中には,1問に複数のポイントが含まれており,自習する上で理解しづらいことが多くあります。それを避けるために,1問1ポイントにし,計算もなるべく複雑にならないように配慮しました。

◆4問1テーマで,理解を深めやすく
似ている問題4問を1テーマの構成としています。問題の条件の違いと,それによる解法の違いを比較しやすいので,問題ごとに適切な解法を選ぶ訓練になります。

◆1問1ページで,読みやすく
解説の途中でページをめくることによるストレスを減らすために,原則1問1ページで完結するようにしました。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

手にした「解法」の数だけ解ける問題が増える!このテキストで基礎の反復をした生徒は数学の偏差値15アップ!

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 基盤/第2章 最大値・最小値/第3章 方程式・不等式/第4章 データの分析/第5章 三角比・図形/第6章 場合の数/第7章 確率/第8章 整数

著者情報(「BOOK」データベースより)

松村淳平(マツムラジュンペイ)
高等進学塾専任講師。医進予備校MEDiCおよび学研プライムゼミにも出講中。京都大学医学部医学研究科に在籍している頃から予備校の教壇に立ち始める。受験指導の楽しさに魅了されたことがきっかけで、医学の道から教育の道へ舵を切り、予備校講師として生きることを決意。圧倒的なわかりやすさと豊富な知識で生徒を魅了し、人気講師に上りつめる。その授業を受講するために、他県からやってくる生徒も多い。難関大学へ数多くの生徒を合格させてきた実績を持つ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)