商品説明

【新装版】英文解釈要約精講 (一歩進める英語学習・研究ブックス)

内容紹介(出版社より)

1988年刊行以来、高い評価を得てきた入試英文要約対策の参考書が新しい装幀で復刊。適切な英文要約には、まず正確な英文読解が必要であるという信念のもと、英文パラグラフの構造と主題文の基礎知識を学習した後、短い英文の要約から始めて、最終的には難解な長文の要約が作れるようになる。要約には、論旨を分析し、その重要点をとらえ、再構成する総合力が求められる。難関校受験生だけでなく、TOEICやTOEFLなど資格試験対策にも最適!また、論理的思考力を高めたい社会人にも役立つ。

内容紹介(「BOOK」データベースより)

1988年刊行以来、高い評価を得てきた大学入試英文要約の参考書が新しい装幀で復刊。適切な英文要約には、まず正確な英文読解が必要であるという信念のもと、英文パラグラフの構造と主題文の基礎知識を習得した後、短い英文の要約から始めて、最終的には難解な長文の要約が作れるように全体を構成してある。要約には、論旨を分析し、その重要点をとらえ、再構成する総合力が求められる。難関校受験生だけでなく、論理的思考力を高めたい社会人にも役立つ。

目次(「BOOK」データベースより)

1 基礎編/2 応用編/3 発展編/4 完成編/EXERCISES 解答・解説

著者情報(「BOOK」データベースより)

峯村純一郎(ミネムラジュンイチロウ)
元駒場東邦高等学校教諭。長年、高校で教鞭を執った、受験指導のベテラン

竹内一誠(タケウチイッセイ)
元河合塾講師。ロンドン大学文学部哲学科卒、エディンバラ大学修士課程修了(言語哲学専攻)。元國學院大学講師

相原仁郎(アイハラサトオ)
元河合塾講師。東京理科大学などで教鞭を執る。都立戸山高等学校などの高校で現場指導の経験もあり、また日本科学技術翻訳協会の会員として、英米の企業との実務提携交渉・翻訳など、英語の実務面での経験も豊富(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)